入国管理局
オーバーステイ、不法滞在
強制送還
行政書士
あさひ東京総合
法務事務所
オフィシャルサイト
配偶者ビザ
オーバーステイ
強制送還の法務
仮放免申請と人権
在留資格認定証明書
国際結婚手続
ビザ申請と相談例
就労ビザ
永住申請のご相談
帰化申請のご相談
東京入国管理局等
比較してみました
事務所システム
ご費用一覧
弊社代表者の資格
お問い合わせ
行政書士とは
法令集
米国法律家・翻訳
リンク集・相互リンク
ENGLISH
Simplified Chinese
Korean Language
Russian Language
ジャパンネット銀行
Kogawa, Minemitsu Attorney at Law
当事務所行政書士
古川峰光

早稲田大学政経学部卒
Attorney at Law
質問する
行政書士古川峰光の入国管理局ブログ
行政書士古川峰光の国際結婚手続道場
Kogawa, Kenzoh Attorney at Law
(顧問弁護士)
弁護士古川健三
東北大学法学部卒

Attorney at Law
Asahi Tokyo Law Office
入国管理局とは--入国管理局あれこれ--

日本の入管行政の行政庁は「入国管理局」と言います。「移民局」や「入国管理事務所」、「出入国管理事務所」等とは言いません。法務省入国管理局が全国的な統一を担当し、各地方入国管理局が分担して業務を行います。
入国管理局は、法務省の局の一つですが、「入国管理庁」と称してもよいほど大きな組織です。入国管理局には二つの顔があると言えます。一つは通常の申請窓口で見る入国管理局。もう一つは、警察に準じた公安職としての警備部門の面です。警備のほうは警察と合同で摘発を行う等の有形力を行使する組織です。税務行政の場合の「マルサ」と、同じ行政の有形力行使として法的には似ている側面もあります。
よく外務省と混同されますが、外務省は「査証」の発給を行うだけであり、入国管理局が上陸許可を決めます。
東京入国管理局

 東京入国管理局は港区の品川埠頭にあります。京浜運河のすぐそばであり、JR品川駅からですとかなり距離がありますので、品川から東京入国管理局へ行くときは、歩く方はあまりいません。たいていの方は品川駅発着のバスを利用します。東京入国管理局へのバスは、本数も多く、あまり待つことはありませんが、朝のラッシュ時間帯やビザのシーズン時期はかなり混みあいます。時間は15分程度です。なお、タクシーですと、10分かからないのが普通で、800円前後です。
品川駅以外の東京入国管理局へのルートは、「東京モノレール」や「りんかい線」もありますが、いずれも「天王洲アイル駅」からかなり歩きます。ですので、多くは品川駅ルートで行きます。
東京入国管理局近辺、つまり港区港南近辺は、現在、高層マンションの建設ラッシュですが、入管の事務所庁舎のある港南5丁目付近は、必ずしもそうではなく、まだ基本的には倉庫街です。したがって、あまりお店等は無く、食事を取るお店については、通常3か所しかありません。
1.庁舎1階にあるコンビニに付いているレストラン。
:ラーメンやカレーもありますが、ディズニーランドのレストランのような感じです。お昼どきは混むことが多いです。
[注]その後、現在では、あまり食事を提供しない、飲み物中心に変わっています。
2.職員用食堂。
:基本的に職員以外、利用禁止です。当初は誰でも利用できたのですが、しばらくして、原則禁止になってます。庁舎の上層部にあり、展望や夜景が綺麗なので、お昼以外はすいている以上、解放してよさそうなのに残念です。
3.庁舎の裏手にあるレストラン
:ここは近辺の会社や東京入国管理局に頻繁に行く人(行政書士等)には知られています。値段が安いことと、営業時間が早朝からなので、重宝できます。


なお、以下のページに東京入国管理局近辺の写真を撮影してあります。
弊社姉妹サイト:@visa ! ビザ・永住・帰化(東京入国管理局近辺の写真)
東京入国管理局新宿出張所

 摘発専門部隊の詰め所。場所は、非公開なのですが、当事務所が、新宿出張所を訪問することはあります。なお、所在や電話番号等は入国管理局の摘発の妨げになるので、お答え致しておりません。
東京入国管理局横浜支局(横浜入管)

 東京入国管理局横浜支局は、かつて、海のそばにありました。入国管理局というと確かに港をイメージするところですが、東京と横浜に関しては、イメージどおりでした。ただ、東京入国管理局と異なり、横浜支局は、かつては他の行政庁と合同庁舎で、外観は普通の役所と変わりませんでした。東京入国管理局横浜支局は神奈川県を管轄しています。以前、「みなとみらい線」ができる前は、JRの石川町駅から行く場合が多かったのですが、「みなとみらい線」ができてからは、「元町・中華街」駅で降りると、歩いて1分程度で着く便利な場所にありました。
みなとみらい線ホームページ
 しかし、その後、2009年に庁舎が移転してしまい、神奈川県横浜市金沢区鳥浜町10-7という非常に不便な場所になりました。
 東京入国管理局横浜支局は文字通り、東京入国管理局の「支局」なのですが、にもかかわらず、配布する書類や書式には、東京入国管理局とは違うものがありました。法定の書式はもちろん、共通ですが、法定外の各地方入国管理局が独自の裁量で求めている書式ないし書類があるのです。典型的な例は日本人配偶者等です。各地方入国管理局の「質問書」の差異は研究に値するほど興味深いところでした。たとえば、東京入国管理局の質問書と、東京入国管理局横浜支局の質問書と比べた場合、明らかに横浜支局のほうが、詳細でした。東京入国管理局の質問書にはなく、横浜支局にはある項目としては、たとえば、「日本の習慣・言葉・地理などについて不案内な外国人の配偶者に、どのようにして日本の習慣などを教えて円満な生活を築いていくつもりですか。」、という質問がありました。こうした質問は基本的には偽装結婚防止等の目的であり、東京入国管理局横浜支局の工夫であると考えられます。また、名古屋入国管理局のものも、やはり東京入国管理局よりは詳細でした。名古屋入国管理局の質問書は、東京地区と比べると、夫妻分の「履歴書」が詳しいのが特徴と言えました。
 ところが、このような地方局毎の特色も、その後、統一的な質問書が用意されたために、現在では基本的に無くなってしまっています。
 また、退去強制手続きで在留希望する場合の書類も差異があります。これに限らず、日本の入国管理局は、地方局により色々な差異があり、法務省入国管理局は地方局の裁量にかなり委ねているのが特徴と言えそうです。


なお、以下のページに東京入国管理局横浜支局(新庁舎+旧庁舎)近辺の写真を撮影してあります。
弊社姉妹サイト:@visa ! ビザ・永住・帰化(東京入国管理局横浜支局近辺の写真)
※なお、現在の東京入国管理局横浜支局は、「神奈川県横浜市金沢区鳥浜町10-7」ですので、間違えないように注意して下さい。
名古屋入国管理局

 名古屋入国管理局へは、東京方面からは、品川駅や新横浜駅から新幹線「のぞみ」で行きます。1時間半程度です。繁忙期でなければ、当日でも自由席等は取れることが多いです。むしろ自由席にしたほうが、隣が空席のスペースを確保できることもあります。
 以前、名古屋入国管理局は、名古屋駅から地下鉄で行く場合、「市役所」で降りる場所にありました。合同庁舎で、外観上の規模は横浜入管(旧庁舎)とほぼ同等でした。東京入国管理局だけが圧倒的な迫力があるようです。以前、取次(申請代行のこと)で名古屋入管へ出張した際、その機会に警備や審判のほうにも足を運んでみました。
 私が東京から来たことを伝え、東京入国管理局や東京入国管理局横浜支局の書式等を提示したうえ、地方局によってどのように書式等が異なるのかを拝見したい、と伝えると、しばらく待って欲しいとの回答。待合室で待ちました。その間、名古屋の地元と思われる他の慣れた感じの行政書士の先生も出入りしてました。
 待合室には20人くらい外国人がおられました。そこはいわゆる退去強制手続きを待つ部屋なので、普通の入管の待合室とは異なり、殺伐とした雰囲気でした。東京入国管理局でも1階の出頭窓口の部屋だけは殺伐とした感があります。
 待つこと約30分。やけに長いと思いましたら、なぜか統括審査官(部長級審査官)に呼ばれ、「説明」を受けました。東京入国管理局や東京入国管理局横浜支局の書式等と比較したところ、やはり違いがありました。各地方局で各々創意工夫を凝らしているようです。案件の処理速度を尋ねると、東京地区よりも随分早い印象を受けました。これはかなり前の話になりますが、併せて従来の「特別受理」案件について確認したところ、名古屋入国管理局でも退去強制手続きに載せているとのことでした。
 なお、名古屋入国管理局のインフォメーションセンターで興味深いことがありました。日本人配偶者等の質問書の書式を下さい、と言うと、インフォメーションセンターでは配ることができないことになっている、と言うのです。もしか致しますと、なるべく秘匿したい、という配慮でしょうか。ただ、東京入国管理局や東京入国管理局横浜支局ではどうなのか、と考えると若干不思議なところです。

 ちなみに、その後、名古屋入国管理局は、移転し、現在は、愛知県名古屋市港区正保町5-18にあります。ここは名古屋駅からは、「あおなみ線」という電車に乗って行きます。名古屋競馬場駅から徒歩1分ほどです。

なお、以下のページに名古屋入国管理局(旧庁舎)近辺の写真を撮影してあります。
弊社姉妹サイト:@visa ! ビザ・永住・帰化(名古屋入国管理局近辺の写真)
※なお、現在の名古屋入国管理局は、「愛知県名古屋市港区正保町5-18」ですので、間違えないように注意して下さい。
大阪入国管理局

 以前は、本局と出頭申告等の部門が分離していましたが、現在では同じ庁舎内にあります。
 最近あった東京入管との差異として、修士や博士で卒業見込みだが、学士以上は既卒の場合の、就労への許可日や、既卒とするか見込みとするかの扱いに関して、東京と大阪で明らかな差異がありました。すなわち、大阪入管は、東京入管とは扱いを異にし、申請時には、「既卒」で扱うように、当方から告知して、窓口で応諾され、かつ、「既卒」用のハガキに書いて提出したにも関わらず、大阪入管側で、その後ハガキを変更し、「卒業見込み者」の扱いに分類されました。ところが、同時期に東京入管では、基礎事情を共通にする案件(むしろ事案はより厳しい)につき、既卒で扱い、2月中に許可し、卒業日まで待たせるようなことはしなかったのです。大阪入管では、4月1日より就労ゆえに、それ以前に早めに就労の許可をするのは相当ではないとの見解でしたが、この度立法化された取り消し制度のメルクマールが3か月であることの趣旨を類推すると、就労まで3か月を切っていれば、許可してよいのではないでしょうか。
 ただ、入管は統括や首席等で変わるので、一概に「東京は・・・」とか「大阪は・・・」とまでは言えないでしょう。実務家としては、とにかく、頻繁に運用は変わるという前提で実務に取り組む必要があります。
 以前出張で、大阪入管へ行った際、当時の「茨木分室」へも寄りました。そちらの出頭申告担当の統括ともお話しさせて頂きました。


 なお、以前以下のページに大阪入国管理局(旧庁舎)近辺の写真を撮影してありましたが、外国人の方が間違えて旧庁舎に行ってしまったという話が、大阪入国管理局から当事務所までありましたので、念のため、いったん削除しました。その後、再度、大阪入国管理局まで出張した際に、また撮り直しましたので、改めて新庁舎を掲載しております。
弊社姉妹サイト:@visa ! ビザ・永住・帰化(大阪入国管理局近辺の写真)
※なお、現在の大阪入管は「大阪府大阪市住之江区南港北一丁目29番53号」ですので、間違えないように注意して下さい。
入国管理局にはもはや余裕はない、という事実

東京入国管理局も横浜支局も、「渡された書類をそのまま書いて出したら、別の手続きをしてしまったことに後から気付いた。」というケースの相談がしばしばあります。

[事例1]
博士号取得後、「技術」で在留し、更新してきたところ、「転職」したとのことで手続きをした。そのことを入管の職員に説明したところ、もらった書式は「就労資格証明書交付申請書」であった。ところが、実は在留期限が近づいており、「就労資格証明書」の問題ではなかった。在留期限経過後、不許可になった。その外国人曰く、申請書式を入手する際、「本当にこの書類でいいんですか?」と念押ししたが、それでいいとの回答であった。そのとき、書類をもらう列が長蛇をなしており、後ろの他の人が数多く待っていたので、やむなくそのまま引き下がり、申請したという。そして、当初、その「就労資格証明書交付申請書」を交付した入国管理局職員の過失を争い、「言った」・「言わない」の係争に。

[コメント]
入国管理局はもはや無料(税金)でサービスを提供する余裕はありません。そもそも日本の政府自体が多額の借金を抱えているのです。自己責任と考えるべきであり、本当にその書類でよいか否かは、入国管理局を専門にしている行政書士に確認するしかないでしょう。ちなみにアメリカの入国管理行政では書式も含め、何でも有料で販売しています。

[事例2]
特定活動で在留していた在留期限の間近な外国人が日本人と婚姻し、それにより「日本人配偶者等」で在留しようとした。そのことを入管の職員に説明したところ、もらった書式は「在留資格認定証明書交付申請書」であり、それを申請。特活の内容との関連で、入管としては、一度帰国されたし、という趣旨だったのかもしれない。しかし、当の夫妻は「申請中は期限切れでも不法残留にはならない。」との法理がこの場面にも適用されるものと盲信していた。結果、期限後に「不法残留」を理由に不許可。その結果、不法滞在者に。なお、不法滞在は犯罪です。入国管理局では「容疑者」と称し、全指紋の採取等、退去強制(強制送還)手続きを行います。

[コメント]
これも自己責任と考えるべきであり、入国管理局を利用する時は、裁判所を利用するときと同じくらいの構えと準備で臨むべきなのです。そのために民間に入国管理局専門の行政書士や裁判専門の弁護士が存在するのです。自分から的確な主張と証拠資料を提出しないと、裁判官も入国管理局の審査官も認めてくれません(対応する財政的余力もない。)。行政に全てを頼る時代はバブル経済と共に終了しています。民間でできることは民間でやる、のが今の日本の行政なのです。
行政書士マーク 国際法務専門の行政書士
法務大臣承認入国在留審査関係申請取次行政書士
あさひ東京総合法務事務所
郵便番号169-0051 東京都 新宿区 西早稲田1-1-7 平林ビル 1階
地図・交通ご案内(予約制です)
ご予約・お問い合わせ:お電話、フォーム、下記メールまで。
直接、手入力して下さい。

ご相談・お問い合わせ専用電話
 (AM08時〜PM22時)
 (土日祝日営業)
<注> ご相談専用電話がつながらない場合、代表電話03-3204-0253 にお電話下さい。
フィリピン,タイ,中国,ロシア,ウクライナ,ルーマニア,モルドバ,ベラルーシ,リトアニア,パキスタン,バングラデシュ,イラン,シリア,スリランカ,ネパール,ミャンマー,韓国,台湾,インド,インドネシア,マレーシア,ベトナム,モンゴル,ブラジル,アメリカ,カナダ,イギリス,フランス,ドイツ,イタリア,スペイン,ポーランド,オーストラリア,チリ,ペルー,ボリビア,メキシコ,コロンビア,ナイジェリア等(順不同。)
The Philippines, the Kingdom of Thailand, China, Russia, Ukraine, Romania, Moldova, Belarus, Lithuania, Pakistan, Iran, Syrian Arab Republic, Bangladesh, Sri Lanka, Nepal, Myanmar, Korea, Taiwan, India, Indonesia, Malaysia, Viet Nam, Mongolia, Brazil, the United States, U.S., Canada, the United Kingdom, U.K., Britain, England, French Republic, Germany, Italia, Spain, Poland, Australia, Chile, Peru, Bolivia, United Mexican States, Colombia, Nigeria, etc.
Copyright (C) Asahi Tokyo Law Office and its licensors. All Rights Reserved. 相互リンク募集・リンク自由です。
弊社運営サイトの内容やデザインは「公正証書」で全体を確定日付で保全しております。無断での模倣等を禁じます。
東京都、神奈川県横浜市、川崎市、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、その他、日本全国対応。